酸素カプセルが人類の健康と未来を変える!

酸素カプセルとは

「空気中の約5分の1は酸素からできている。」

 

誰でも小学校の頃、理科の授業で習った一般常識であろう。

 

近年『酸素カプセル』が注目を集めている。

 

酸素カプセルとは2002年、日韓共同でサッカーのワールドカップが開催された際、
当時負傷していたイングランドのスーパースター、デビット・ベッカムが利用し、
短期間のうちに見事早期回復を果たしたことで一躍有名になった器具である。

 

このエピソードから”ベッカムカプセル”とも言われている。

 

最近は、http://ボディケア東京.comなど、多くのサロンで酸素カプセルを提供している。
酸素は地球上どこにでもある物質であるが、
近年何故、お金を払ってまでも酸素カプセルを利用する人がいるのか。
酸素カプセルとは一体何なのか、どのような効果があるのか、
そしてどのような人たちが利用しており、どこで利用できるのか。

 

これらのことを纏めてみたいと思う。

 

 

酸素カプセルとは、人間がちょうど一人入ることのできるカプセルを密閉し、
加圧装置を用いてカプセル内の気圧が標準気圧よりも高い、
約1.1?1.5気圧に加圧する仕組みを持つ健康機器である。

 

まず酸素には「結合型」と「溶解型」と呼ばれる2種類の酸素がある。

 

通常私たちが呼吸を通じて体内に取り入れている酸素は「結合型」と呼ばれるもので、
血液中のヘモグロビン(赤血球)と酸素が結合し、身体中の器官に酸素が運ばれている。

 

しかし、「結合型」の酸素粒子は毛細血管よりも大きいため、体中に十分に酸素を送ることができない。

 

また「結合型」酸素はヘモグロビンと結合することで運ばれるため、
血液はヘモグロビンと同じ量の酸素しか運ぶことができなくなる。

 

この酸素カプセルでは、
ガス化した「溶解型」酸素を発生させ、体内に取り入れるため、
「結合型」よりも多くの酸素を血液中に取り入れることができる。

 

また「気体は、気圧の高さに比例して液体に溶ける」という性質を持っているため、
酸素カプセル内の気圧が高ければ、より多くの酸素が体内に取り込まれることとなる。

 

この気体の性質を利用して、体内により多くの酸素を取り込もうとしたものが酸素カプセルである。

 

仮に気圧を約30%上げた1.3気圧の環境で酸素を吸うと、
体内の酸素量が通常より約2倍に増加すると言われている。

 

体の中の血管の大半は毛細血管のため、
酸素カプセルを用いることでサイズの小さい「溶解型」酸素が血液中に増えると、
細い毛細血管の隅々までより効率的に酸素を供給することができる、と考えられているのである。

酸素カプセルの効果

人間の体にとって、空気中の酸素濃度は30%が適量と言われている。

 

しかし、空気中の酸素濃度は20%のため、実際に体内に取り入れられる酸素量は適量とは言えず、
私たちは日々、酸素不足の状態で生活しているのである。

 

更に近年、環境破壊によって大気は汚染されているため、
空気中の酸素濃度は減少してきているのが実態である。

 

一方で、体内には約60兆個の細胞があるといわれており、これらすべての細胞が酸素を必要としている。

 

酸素は血液を通じて体内に取り入れられると、各器官で細胞エネルギーを生み出す。
そのため、酸素カプセルを利用することで体内に十分な酸素が取り入れられると、
各器官の機能が整えられ、健康が増進されると考えられている。

 

例えば、全体の酸素消費量のうち25%は脳で消費されると言われている。
仮に脳における酸素消費量が低下すると、集中力が低下し、偏頭痛や運動機能の低下に繋がる。

 

酸素が十分に脳に供給されることは頭がすっきりするばかりでなく、
体全体の機能の改善に繋がるのである。

 

そして全身に酸素が行き渡ると、血行が良くなるため、新陳代謝が活発になる。
すると冷えやこりが解消し、疲労回復となるため、
ちょうどマッサージと同じ効果が得られるのである。

 

また、新陳代謝が活発になるため、糖や脂肪が燃えやすい状態となる。
疲れにくくなるため運動も楽に行うことができるようになる結果、ダイエット効果が得られることとなる。

 

また皮膚に酸素が届きにくくなると、しみやしわなどができやすくなる。
酸素カプセルを用いることで、「溶解型」酸素が毛細血管に行き渡るようになると、
血行が良くなり新陳代謝が活発になるため、美肌効果が期待できる。

 

その他、酸素カプセル内で体全体に均等に圧力がかけられることにより、
体の歪みが元に戻されるため、整体の効果ももたらしている。

 

細胞の再生には多くの酸素が用いられるが、傷や怪我の患部のみならず、
その周辺の毛細血管も腫れなどに圧迫されることで血液が滞っている。

 

酸素カプセルで体内に取り込まれる「溶解型」酸素は血液のみならず、
リンパ液や中枢神経液、骨髄液等にも取り込まれている。
このため、これらの液を通して酸素が患部細胞に浸透し、早期回復の手助けをしているのである。

 

このように、
酸素カプセルは「溶解型」酸素と酸素カプセル内でかけられる圧力の作用により、
体内の細胞を活性化させているのである。